ダイエットしてから体臭発生!それってダイエット臭かも?

シェアする

ダイエット臭

ダイエットを頑張っている人たちに、たびたび襲いかかるデメリットたち。その中に、あなたの体臭をひどくしているダイエット臭があるのを知っていますか?
このダイエット臭、自分では気づきにくいのですが周りには気づかれてしまいます。さらに、体臭についてはなかなか忠告してもらえないため、知らないうちに周りから人が離れていくなんてことも。

ダイエットをして素敵な女性になれたとしても、体臭がきつかったら残念な結果に終わりってしまいます。そんなことが起きないためにも、ダイエット臭の原因や間違えたダイエット方法をしていないか知っておきましょう。

ダイエット臭とは

ダイエット臭とは
ダイエット臭は、間違えたダイエットをしていると、体から発生されます。これは。体内の危険信号が臭いとなってあなたに襲いかかっている証拠です。

臭いは、甘酸っぱいような臭いで、ちょっと独特な鼻に刺さる臭いです。また、体臭だけでなく口臭となる場合もあるので、できることなら必ず避けたいものですよね。冒頭でも述べた通り、自分自身だと気づきにくいというのも厄介なポイントです。

ダイエット臭が発生しやすいダイエット方法

ダイエット臭は、間違えたダイエットを行っていると発生します。この嫌な臭いの元となるダイエットは、ずばり食べないダイエットです。摂取カロリーを制限するために行う食事制限は、しっかりと正しさを追求しなければすぐに落とし穴にはまってしまうのです。

食事制限を行う多くの人に見られる傾向は、栄養バランスを考えることなく食べないことを徹底すること。この方法を行えば、しっかり体重は減っていきます。そのため、体重が減ったことをバネに、さらに食べないダイエットを続けてしまい、自分の体の変化に気づくことが出来ないのです。とりあえず食べないことでダイエットを頑張っているという人は、注意してください。

ダイエット臭の原因

ダイエット臭の原因

ダイエット臭のメカニズム

さらに詳しいダイエット臭の原因をご説明します。ダイエット臭の原因は、食べないダイエット、つまり極端な食事制限です。なぜダイエット臭が発生してしまうのか、そのメカニズムから探っていきましょう。

極端な食事制限によるダイエットは、体重とともに筋肉量も落としてしまいます。筋肉量が減ることにより、基礎代謝は減ってしまいます。また、体内では急に摂取カロリーが減ったことに対し、生命の危機である飢餓状態だと勘違いし始めます。すると脳からの指令により、脂肪やたんぱく質を分解して糖質を作ります。

このように、エネルギーに変換するための栄養素を摂取しないがために、体内にあるもので代用しようと働き出します。そして、いつもと違う代謝方法になってしまうため、スムーズにエネルギー変換が出来ない事態が生じ、乳酸やケトン体というものも生まれます。実は、この生み出されてしまった乳酸とケトン体が、ダイエット臭の大きな原因なのです。

乳酸

基礎代謝が落ちてしまう状態になると、脂肪燃焼がしにくくなるだけでなく、血液までスムーズに流れなくなります。そのため、脂肪が変化した脂肪酸から糖質が作り出される際に、疲労物質で有名な乳酸が溜まりだします。

この乳酸がたまりだす時、実はアンモニアも一緒に増加していきます。そして、乳酸とアンモニアは一緒に汗の中に混ざって排出されるため、汗が流れるときにアンモニア臭が強くでてしまうのです。

ケトン体

ケトン体は、完全に燃焼しきれなかった脂肪酸が、血液中に増加すると肝臓から生み出される臭い物質です。ダイエット臭の大きな原因となるのが、このケトン体です。糖尿病の人が悩む体臭や口臭と同じような、とても強い臭い物質とも言われています。

ケトン体が血中に増加することで、体臭や口臭、さらに尿中など、体全体からダイエット臭が発生してしまうのです。臭いも、顔をしかめてしまうようなツーンとした臭いのため、知らずに醸し出しているとつらい思いをしてしまうかもしれません。

ダイエット臭対策

ダイエット臭対策

運動で対策する

ダイエット臭対策には、筋肉量を維持して代謝機能を下げないことが大切です。そのためにも、ウォーキングなど日常生活で体を動かす習慣を身につけましょう。それだけでも十分に代謝機能の維持が可能です。

また、ケトン体は肝臓で生成されますが肝臓で処理することはできません。ケトン体を燃焼するのは、筋肉と脳です。もしダイエット臭が発生してしまったという人は、ケトン体を燃焼するためにも筋トレを開始しましょう。軽い筋トレから、スロートレーニングやストレッチまでしっかり行って、筋肉量の増加とケトン体の消去を図ってください。

食事で対策する

脂肪が不完全燃焼になってしまうことで、ケトン体は発生してしまいます。脂肪の不完全燃焼を回避するためには、クエン酸などの有機酸を多く含む食事を摂取しましょう。お酢や、柑橘系や、梅干しなどに多く含まれているので、積極的に摂り入れてください。

また、血中のケトン体の量が増えると、体が酸性になる傾向があります。それを中和させるためにも、アルカリ性食品を摂取してください。野菜や海藻、大豆などが効果的なので、極端な食事制限を行っていた人は今すぐ摂取しましょう。

おわりに

ダイエット臭は、ダイエットを成功したあとにも響いてくることもあります。せっかくスタイルのいい体を手に入れて、これからモテの人生が歩めると思っていても、体臭が原因で人が寄り付かないなんてトラップがあるのです。大切なのは見た目だけではないということを、心に閉まっておいてください。臭いはとてもデリケートな問題です。人から指摘されることがなくても、自分のダイエット方法が間違っている場合は、一度見直すことをおすすめします。