知ってほしい!腸内フローラとダイエットの関係性とは?

シェアする

知ってほしい!腸内フローラとダイエットの関係性とは?

テレビ番組などでも特集され、徐々に認知度が増している「腸内フローラ」という概念ですが、人間の美容や健康に大きな影響を及ぼすことが徐々に明らかになりつつあります。

NHKスペシャルで腸内フローラが取り上げられた際には「ワクチンの開発や抗生物質の発見に匹敵するインパクトを持つ」とまで言われていました。美容や健康への影響大であるなら、当然ダイエットとの関係も深いはずです。

以下では、そもそも腸内フローラとは何かを知り、ダイエットとの関係について検証していきます。

腸内フローラとは何か?

腸内フローラとは何か?
簡単に言えば、腸内フローラとは腸内細菌の生態系のことです。少し難しい言葉で言うと「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」と言われます。

「フローラ」とは花畑のことで、腸内に住む約3万種類、1000兆個もの細菌がまるで花畑のように生息しているような、生体システムのことを指します。いくら細菌一つひとつが小さいと言ってもそれだけの種類と量があるため、合計すると1.5キロから2キロにもなると言います。わたしたちの体内には、そうしたミクロの世界が広がっており、外部からの病原菌から体を守ってくれているのです。

しかし、腸内細菌がすべて体にとって有益な働きをしているかと言えば、そういうわけではありません。腸内細菌は、善玉菌に加えて悪玉菌が存在している他、その両方になりうる日和見菌の3種類に大きく分けることができます。

善玉菌は文字通り、体内を病原菌から守ってくれ、免疫力を高めたり、下痢や便秘を防いでくれたりもしてくれます。それに対して、悪玉菌は腸内で腐敗を引き起こしたり、ガスを生産したりし、体にとって有害な働きをします。両方の菌からなる日和見菌は、数として腸内菌の中で一番多く、腸内で優勢な勢力に加担します。

健康な人の体内では、これら3つの菌のうち善玉菌が優勢な状態で、バランス良く生息していますが、何らかの理由でそのバランスが崩れると、悪玉菌が増えて、腸内に有害物質やガスが増えてしまいます。このバランスの崩れた腸内環境はダイエットを行う上でも大敵になり、もし悪玉菌が増えた状態であれば、同じ食生活をしても効果が半減し、ダイエットの失敗につながります。以上のことから分かるように、健康を保つ上でも、ダイエットを成功させる上でも、腸内環境を整えることは必須なのです。

なぜ腸内フローラが悪化するのか?

なぜ腸内フローラが悪化するのか?
ダイエットを成功させるためには腸内環境を改善しなければならないことはわかりましたが、そもそもなぜ腸内で悪玉菌が増えたのかを突き詰めないことには対策のしようもありません。

最大の原因として指摘される点が、除菌・殺菌のし過ぎとそれに伴う薬の服用です。特に日本は極端と思えるほど、除菌・殺菌用品が生活の中にあふれています。子供の頃から、親たちが細菌に触れさせない生活をさせるため、体内に必要な細菌も取り入れることができず、結果として腸内の免疫システムが正常に発達せずに、バランスが大きく崩れてしまいます。

また、コンビニなどの利用が増えることも、食品添加物などを大量摂取の原因となり、腸内環境のバランスに影響を与えます。

腸内フローラを改善してダイエットを成功させよう

腸内フローラを改善してダイエットを成功させよう
以上のことから、腸内フローラを改善し、善玉菌を増やすためには、薬や加工食品の摂取をできるだけ減らすことが必要です。まったく無くすことはできないとしても、食品を購入する際に、あるいはドラッグストアで買い物をする際に自分が体内に取り入れるものに対してもっと敏感になることはできるはずです。

加えて、積極的に食生活の改善に取り組みましょう。腸内環境の整えるためにはどんな食生活が良いのかと聞かれて、結論はいつも言われること、つまり「バランスの良い食生活」ということになりますが、もうすこし具体的に説明しましょう。

悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすためには、それぞれの菌がなにをエサにするかを知っておくことがポイントです。

善玉菌は野菜や果物を分解し、腸内に乳酸や酢酸を作り、それらは体内に有益な物質になります。それに対して、悪玉菌はタンパク質やアミノ酸をエサにします。これを前提にすると、食生活の中でできるだけ野菜を取り、タンパク質を少なめにすることで、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことができるということです。もっともタンパク質は体の筋肉を生成する上で必要ですから、ただ悪玉菌を減らすことだけ考えてタンパク質を摂取しないというやり方はあまりに極端です。大事な点は必要以上のタンパク質を摂取しないということでしょう。

腸内環境を整える上でバランスのとれた食事に関してよく提唱されることは「まごわやさしい」の食材を積極的に摂取するということです。つまり、「豆類」「ゴマ類」「わかめなどの海藻」「野菜」「魚」「椎茸などの菌類」「芋類」です。そして、これらの食材は腸内環境を整えることのみならず、摂取カロリーを減らすことにもつながり、ダイエット効果もあります。

おわりに

外食やコンビニでの買い物が普段から多い方にとって、いきなりそれらすべてをやめて、「まごわやさしい」の食生活をするようにと言われても難しいはずです。まずはできることから始めて、少しでも良好な腸内環境を手に入れ、キレイに痩せることを目指しましょう。