運動前?後?ダイエット中食事をするタイミングっていつ?

シェアする

食事をするタイミング

もっと効率のいいダイエットを行いたいと思いませんか?実は、食事をとるタイミングがダイエットには重要なことなのです。食事のタイミングによって効率よく痩せることができます。

ここでは、ダイエット中の方に向けて、食事のタイミングを説明とともにご紹介します。

運動前と後の食事をするベストなタイミング

女性と時計
運動前と後とのどちらにも、食事をするベストなタイミングがあります。ここでは、そのベストなタイミングをご紹介します。

運動前30分~2時間以内に食べよう

食事をした直後に運動をすることはおすすめしません。
食べた直後に運動をして脇腹が痛くなったことはありませんか?このようなことが起こってしまう原因は、食事をした後、胃の消化活動を良くするために血液が胃に集中することでおこります。胃に血液が集中している状態で、運動をしてしまうと体全体の血液が足りなくなり、脾臓から血液を絞りだす必要があります。脇腹が痛いのは、脾臓を絞りだすようにして血液が送られているからです。そのため、最低でも食後30分は時間を置いてから運動をしましょう。
また、運動前は2時間以内に食事をすることをおすすめします。人の体は食べたものを消化するのに約3時間かかります。運動をする前に3時間以上の時間を置いてしまうと、空腹で運動していることと変わりありません。運動をする30分~2時間前に食事をするようにしましょう。

運動後30分~2時間以内に食べよう

運動をした直後に食事をすると、せっかく運動して燃やした体脂肪をエネルギーとして活用せず、食事の栄養素をエネルギーとして体に取り入れてしまいます。運動後30分は時間を置いてから食事をしましょう。また、運動後2時間以上経過すると、燃焼した体脂肪からエネルギーを補給するのではなく、筋肉をエネルギーに変えてしまいます。そのため、せっかくついた筋肉が落ちてしまうということもあり得ます。運動後は30分~2時間以内に食べるようにしましょう。

運動前と後の食事内容に気を使おう

和食
先ほど、運動前と後とで30分~2時間以内に食べたほうが良いと述べましたが、時間帯によって食事内容を変えることで、より効率的に痩せることができます。ここでは、運動前と後との効率的に痩せるための食事内容をご紹介します。

運動前30分以内は栄養価が高く消化の良いもの

運動をする30分前は、栄養価が高く消化の良い食べ物が好ましいです。消化に時間のかかるタンパク質や脂質の多い食べ物は控え、果物やゼリーなど消化吸収の早い食べ物を食べるようにしましょう。

運動前1~2時間以内はしっかりとした食事

運動をする1~2時間前は、バランスの良いしっかりした食事をしましょう。バランスの良い食事といっても、消化に時間のかかるタンパク質と脂質は控え、炭水化物を積極的に摂取しましょう。

運動後30分以内は疲労回復に効果的なもの

運動後、30分以内は疲労回復に効果的な食べ物が好ましいです。果物や梅干しなどに含まれるクエン酸は、疲労の原因である乳酸を分解する役割があります。クエン酸の含まれている食べ物を食べるようにしましょう。

運動後1~2時間以内はしっかりとした食事

運動後、1~2時間以内はバランスの良いしっかりとした食事をしましょう。バランスの良い食事と言いても、太ってしまう原因である脂質の摂取は控え、タンパク質・炭水化物・ビタミン・ミネラルをバランスよく摂る食事を心がけましょう。

運動をする30分前は栄養価の高く消化の早い軽い食事をし、1~2時間前は消化の良いバランスのある食事をしっかり食べるようにしましょう。運動をした30分以内は疲労回復に効果的な軽い食事をし、1~2時間以内は脂質を控えたバランスの良い食事をしっかり食べるようにしましょう。食事のタイミングを変えるだけでなく、食事内容にも意識するようにしましょう。そうすることで、より効率的に痩せられるはずです。

運動の種類によって食事のタイミングを変えよう

ボールに乗る女性
運動は2種類あります。1つ目は有酸素運動、2つ目は無酸素運動です。有酸素運動は主に、脂肪の燃焼に特化した運動で、無酸素運動は筋肉増量に特化した運動のことを言います。ここでは、運動の種類によってベストな食事のタイミングをご紹介します。

脂肪燃焼系の運動は空腹に近い状態

空腹時は血糖値が低く、体脂肪がエネルギーに変わり自然と燃焼されているため、この時に脂肪燃焼系の運動を行うと、よりダイエットに効果的です。しかし、空腹時の運動は心臓に大きな負担を与えてしまうので、とても危険な行為です。そのため、運動をする2時間前にしっかりとした食事を済ませ、食べたものの消化が行われている状態で運動をするようにしましょう。

筋肉増量系の運動はお腹がすき始めたような状態

筋肉を増やすための運動は、食事で得た炭水化物や脂質をエネルギーに変えるため、筋肉トレーニングをする前の食事は欠かせません。しかし、食後すぐに運動を行うことで体全体の血液が不足してしまうので、脾臓にとても負担を与えてしまいます。そのため、運動をする1~2時間前に、しっかりとした食事を済ませ、食べたものが胃に少し残っているような状態で運動をするようにしましょう。

寝る3時間前から断食

寝る女性
寝ている間の消費カロリーは少なく、体脂肪になりやすい状態です。寝る直前や消化が行われている状態で寝てしまうと、寝ている間に食べたものが、体脂肪に変わってしまいます。そのため、寝る3時間前からは断食をするようにしましょう。

おわりに

ここでは、ダイエット中の食事のベストなタイミングをご紹介しました。食事のタイミングを変えるだけでもダイエットを効率的に行えますが、食事内容を工夫することでより効率的に痩せることができます。
食事のタイミングと食事の内容を意識して、ダイエットを行うことをおすすめしています。