カロリーゼロの食べ物は太る!?カロリーゼロの食品のメリット・デメリット

シェアする

カロリーゼロ

世の中には「カロリーゼロ」を謳い文句にしている商品が山程ありますよね。

コーラやジュースはもちろんのこと、ゼリーやようかん、クッキー、お砂糖、まさかのラーメンまでカロリーゼロ。驚くほど様々な商品が出回っていますが、そもそもカロリーゼロの仕組みとはどのようなものなのでしょうか?

ここでは、カロリーゼロ食品の秘密とそのメリット・デメリットをご紹介していきます。

カロリーゼロは0kcalじゃない!?

カロリーゼロ
実はカロリーゼロの商品は、必ずしも0kcalという意味では無いということを皆さんはご存知でしょうか?

栄養表示基準制度では「100mlあたり5kcal未満」であれば「カロリーゼロ」と表記して良いと定められているのです。「ゼロカロリー」「ノンカロリー」もこの基準を満たしていればOK。

ですから、いくら「カロリーゼロ」と表記されていても、0kcalである必要は無く、500ml25kcal未満である、ということの証明でしかないのです。

ちなみに同じような言葉で「カロリーオフ」というのもよく耳にするかと思いますが、こちらの基準は「100mlあたり20kcal未満」と定められています。500mlのジュースであれば100kcal未満はあってもおかしくない、ということになりますね。

また、「砂糖不使用」という言葉は、果物の果糖は含まれていても表示可能。さらに「甘さ控えめ」になると表記の規定すらありません。糖分は使いたい放題なのです。すべての食品は、成分表を確認してみないと意外な落とし穴があるかもしれないのです。

カロリーゼロの秘密!人工甘味料ってなに?

女性 疑問
では、なぜカロリーゼロなのに甘いの?と思う飲み物、食べ物があるかと思いますが、その正体は「人工甘味料」です。

人工的に作り出したこの甘味料は、砂糖の何百倍も甘く感じられるものもあります。アスパルテーム、スクラロースサッカリン、シクラメイトという人工甘味料がありますが、これらは発がん性が問題になったこともあり、食品に添加できる量には制限がかかっています。

カロリーゼロのメリット・デメリット

カロリーゼロ食品にはメリットもありますが、残念ながらデメリットもあります。ここからは、カロリーゼロ食品の特徴や作用を含め、詳しくご説明していきます。

メリット①「甘み」

砂糖
なんと言ってもカロリーゼロ食品のメリットは、ダイエットしていても甘いものが食べられる幸せです。

ダイエットでお菓子やケーキ、大好きなチョコレートを我慢しすぎるとストレスが溜まってしまいます。ストレスはホルモンバランスや体内機能を崩す原因の一つで、代謝が落ちて痩せにくい身体を作ってしまう可能性があります。ダイエットの天敵です。

だからと言って、ノンストレスを目指して、欲望のままに甘いものをバクバクは食べられません。かと言って、甘いものをしっかり我慢し続けるのは困難を極めます。

ですから、普通のお菓子を食べるよりも格段にカロリーが低いのに、甘くておいしいカロリーゼロ食品はダイエッターには救世主だと言えるでしょう。

メリット②「吸収」

カロリーゼロ食品に含まれる人工甘味料は、人間の体内で消化・吸収されずに体外に排出されてしまいます。

ですから、普通のお菓子や飲み物を食べたり飲んだりするよりも、太りにくいということになりますので、ダイエット中には心強い存在です。

デメリット①「食品添加物」

先程からよく出てくる人工甘味料もそうですが、カロリーゼロ食品に含まれていることがあるトレハロースや香料といったものはすべて食品添加物です。

食品添加物は、摂取しすぎると味覚が鈍り、味が濃いものを好むようになってしまう可能性があります。

甘いものはより甘く、しょっぱいものはよりしょっぱくないと満足できなくなり、今までおいしいと思って食べていた食事の味付けにもどこか物足りなさを感じてしまい、ついつい調味料などをかけすぎてしまうことも。この結果、摂取カロリーも病気になるリスクも上がってしまうのです。

デメリット②「体調不良」

体調不良
上記のメリット②で説明した通り、人口甘味料は体内に消化・吸収されずに体外に排出されます。ということは、小腸で消化も吸収もせずに大腸まで届くということです。大腸は水分を吸収し、便を固める働きがあるのですが、人工甘味料はその働きを妨害してしまうのです。

ですから、人工甘味料を摂り過ぎてしまうと、大腸に大量の人工甘味料が流れ込み、大腸が水分を吸収できなくなり、便がゆるくなってしまうこともあるのです。

おわりに

いかがでしたか?

カロリーゼロ食品のすべてが一概に悪いとは言えませんが、人工甘味料のような食品添加物を大量に摂取することは間違いなく身体に悪いと言えます。

また、カロリーが無いと思い込んでしまうと、いくら食べても良いのでは?という安心感から食べ癖がついてしまい、せっかくのダイエット効果が半減してしまうことも。

ダイエットをするときはカロリーだけにこだわりすぎずに、栄養バランスの良い食事をするのがダイエットへの一番の近道ではないでしょうか。

シェアする

購読はいいねが便利です♡