1日5食?ハリウッドセレブにも人気のファイブファクターダイエットとは?

シェアする

ファイブファクターダイエット

ダイエットしているとお腹が空いて仕方ない。間食したくて仕方ない。1日3食って誰が決めたんだよ、日本人クレイジー。

そんなあなたのお悩み、ファイブファクターダイエットが解決してくれますよ。

知っている方も知らない方もこれを読めば、ファイブファクターダイエットを実践したくなるかも?

ここでは、ファイブファクターダイエットについてご紹介いたします。

ファイブファクターダイエットとは?

ファイブファクターダイエットとは、ハリウッドセレブの専属トレーナーが考案したと言われている、1日5食生活で痩せよう、という驚きのダイエット方法です。

レディーガガやオーランドブルームも実践し、ジェシカシンプソンに至ってはこの方法で、2ヶ月でマイナス11kgものダイエットに成功しています。

もちろん、5食ともラーメンを食べれば太ります。5食とも豆腐を食べれば倒れます。しかし、ポイントを押さえ、ルールを守って5食生活を続ければ、高いダイエット効果が期待できるのです。

食事は1日5回、食事の決まり事は5つ、週5日のトレーニング、5週間続ける。その名前の通り、「5(ファイブ)」がポイントになっています。

ファイブファクターダイエットのやり方

5本の指
それでは、ファイブファクターダイエットの具体的なやり方をご説明いたします。

食事をするタイミングと量

1日5食っていつ食べれば良いのさ。いつでも良いの?と、お思いの方もいらっしゃると思います。

いいえ、食べて欲しい時間はだいたい決まっているのです。

まず、起床から就寝時までの時間を5で割ります。例えば、7時起床、23時就寝の方であれば、「16時間÷5=3.2時間」。だいたい3時間くらいですね。これが基本的な食事の間隔になります。

朝起きた瞬間から朝食を食べる人間は少ないと思いますので、朝食を食べる時間から就寝時間まで、という計算が一番的確かもしれませんね。

午前7時半に朝食を摂るのであれば、その後は10時半、13時半、16時半、19時半となるわけです。

そして、食べる量ですが、しっかりした食事を5回食べるのではなく、1日3食とる食事を5回に分けるようなイメージで行ってください。

好きなものを好きなだけ食べていれば痩せられるはずがありません。ただし、次に出てくる「5つの決まり事」さえ守ることができれば、このダイエット中に食べられない食べ物はほとんどありませんのでご安心ください。

食事の5つの決まり事

5つ
これさえ守ることができれば大丈夫。

ファイブファクターダイエットを成功させるための「5つの決まり事」についてご説明いたします。

1.食事の半分を炭水化物にする。半分なら、お米やパン、パスタだって食べられちゃいます。

2.良質なタンパク質を摂取する。低脂質なものを選びましょう。

3.良質な脂質を摂取する。料理するときは、エキストラバージンオイルやごま油を使いましょう。

4.食物繊維を摂取する。1回の食事で5~10gが目安です。

5.水分を積極的に摂取する。お水やお茶、紅茶やコーヒーも基本的に無糖で飲むようにしましょう。

運動と休憩

週に5日は、1日20分程度の軽い運動を取り入れましょう。残りの2日は運動をしなくてもOKです。5日だけ頑張りましょう。

と言っても、ウォーキングやジョギングのような本格的な運動でなくても良いのです。エレベーターやエスカレーターを使わずに階段で歩く、ひと駅先まで歩く、自転車通勤にする、テレビを見ながらストレッチなど、無理なく続けられるものを意識しながら行うことが大切です。

そして、週に1日は好きなものを食べてOK。何を食べても構いません。自分を思いっきり甘やかしてあげてください。

ただし、1日5食のリズムは崩さないようにしましょう。

痩せられる5つのポイント

5
では、ファイブファクターダイエットがなぜ優れているのか、なぜ効果があるのかを探っていきましょう。

空腹感

一般的な1日3食生活では、食事と食事の間隔が7時間以上空いてしまうなんてこともしばしば。

その点、ファイブファクターダイエットでは食事の間隔が3時間前後と短いため、単純に空腹を感じづらくなり、空腹感からくるストレスを防ぐことができるのです。

食べ過ぎ

人間、空腹がピークに達しているときに食事を出されると、思っている以上に過剰に食べてしまい、結果的に太る原因に。

ファイブファクターダイエットは、食事の間隔が短いため、「ちょっと前に食べたばかりだ。」と意識する回数が増え、自然とドカ食い早食いが減っていきます。1回の食事の量は多くはないですが、「3時間後にまた食べられる。」という希望の光が何度も差します。これなら無理なく続けられますよね。

血糖値の上昇

血糖値が上がると、脂肪を蓄えてしまうインシュリンという成分が活発に分泌し、ダイエットの妨げに。

一度に食べる量が多くないファイブファクターダイエットは、血糖値の上昇を穏やかにすることができますので、太りにくい食事の仕方だと言えるでしょう。

カロリー

「食事の5つの決まり事」を守っていれば、勝手に摂取カロリーは減っていきます。食事を制限するダイエットと違って、栄養のバランスも良く、代謝が落ちることもありません。

ダイエットで陥りがちな、栄養不足からくる肌荒れや便秘になることもほとんどありませんので、女性には嬉しいダイエット方法です。

ストレス

ファイブファクターダイエットは、ダイエッターの永遠の宿敵「空腹」を感じづらく、イライラを防いでくれます。

また、週に1日は好きなものが食べられる、週に2日は運動をサボっても良い、など、ストレスを感じづらい環境でダイエットができるので、ストレスを溜めずに続けることができます。

ファイブファクターダイエットに効果的な食べ物

基本的には「食事の5つの決まり事」を守っていれば良いのですが、さらにダイエット効果を高めるために、食材選びの参考にしてみてください。

・高タンパクな食材

大豆製品は高タンパク、低脂質、食物繊維が豊富です。そして、鶏むね肉は良質なタンパク質を含んでいます。皮をとって食べるとダイエットとしてはさらに良いでしょう。

・血糖値の上昇が穏やかな食材

玄米、全粒粉パン、全粒粉パスタ、そば、ピーマン、ほうれん草、レタス、アボカド、こんにゃく、しらたき、アーモンド、グレープフルーツ、いちご、等です。

低カロリー、低脂質なものを選ぶのがより好ましいですが、しっかりとルールを守り、バランス良く食事を摂ることを心がけましょう。

注意点

ファイブファクターダイエットは、5週間続けてください。効果がきっと現れます。ストレスが少ないと言われているダイエット方法ですが、中途半端に実践するのであれば、違うダイエット方法のほうが良いかもしれません。

また、ファイブファクターダイエットは、1日5回食事をしなくてはなりません。薄々気づいているかもしれませんが、1日5食摂るためには、起床してから朝食を摂るまでの時間があまりに遅かったり、寝る時間があまりに早かったりすると、実践しづらくなってしまうのです。

いくらダイエット効果がある食べ方をしていても、寝る直前に食べ物を食べればもちろん誰でも太ってしまいます。ですから、生活リズムを整え、起床と就寝を規則正しくすることも重要なポイントとなってくるのです。

おわりに

いかがでしたか?

セレブたちが実践しているダイエット方法と言っても特に用意するものもありませんし、ダイエット方法もわりとシンプル。やる気さえあれば誰でも実践できるので、ぜひ一度試してみてください。