ヨーグルトでおいしくダイエット!おすすめの食べ方と効果

シェアする

ヨーグルトでおいしくダイエット!おすすめの食べ方と効果

みんな大好きヨーグルト。そのまま食べても、フルーツと一緒に食べても、ドレッシングやソースとしてお料理に使っても美味しい、真っ白で純粋なあいつです。

そんなヨーグルトが健康や美容、そして何と言ってもダイエットに効果的だということは有名な話ですよね。

では、ヨーグルトでダイエットをしよう、と思ったとき、実際にはどのように食べるのがダイエットに効果的だといえるのでしょうか。

ここでは、ヨーグルトの様々な効果とダイエットに効果的な食べ方を詳しくご紹介していこうと思います。

ヨーグルトダイエットとは?

ヨーグルトダイエットとは?
ヨーグルトダイエットとは、ヨーグルトを食べることによって期待できる様々な効果を利用して、ダイエットを成功させちゃおう!というものです。

ヨーグルトは季節を問わず常に手に入る食品です。よっぽどセレブなスーパーで高級なものを選ばない限り、値段も手頃なものが多く、気軽に始められるダイエット方法の一つだと言えるでしょう。

ヨーグルトの食べ方や食べる時間帯は様々。これなら自分に合っている!試してみたい!と思えるヨーグルトダイエットを発見してみてください。

ヨーグルトの様々な効果

まず、ヨーグルトを食べるだけで期待できる効果についてご説明いたします。

ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれています。このくらいは誰でも知っている、というか乳製品ですから容易に想像がつきますよね。乳酸菌は腸内環境を整え、体に溜まってしまった老廃物を排出し、便秘を解消してくれる効果が期待できるのです。

また、ヨーグルトには基礎代謝を上げてくれるビタミンも多く含まれていますので、血液やリンパの流れの促進で痩せやすい体質へと変えてくれます。さらに、スムーズな血流は体の隅々の毛細血管まで血液を行き渡らせますので、お肌のターンオーバーを正常に戻し、キメの細かい肌の生成、くすみや肌トラブルの改善と言った美肌効果を期待することができます。

そして、実はヨーグルトには牛乳よりも多くのカルシウムが含まれています。ダイエットの天敵であるストレスを防いでくれるカルシウムを普段から積極的に取り入れる、ということは効率的なダイエットにつながると言えるでしょう。

ダイエットに効果的なヨーグルトの食べ方

ヨーグルトがダイエットに効果的なことはお分かりいただけたかと思いますが、ここからはヨーグルトの食べ方についてご紹介いたします。

自分に合った食べ方を見つけてダイエットを長続きさせてください。

食事と置き換える

食事と置き換える
朝・昼・晩のどれかの食事をヨーグルトと置き換えるダイエット方法です。ヨーグルトは栄養価が高いので、置き換えには適した食品です。

この方法は単純に摂取カロリーを減らすことが出来ますので、ダイエットにとても効果的です。

朝食をヨーグルトに置き換える方法が一番取り入れやすいかと思いますが、摂取カロリーの減少という面で考えると、夕食を置き換える方がダイエットには効率的かつ効果的です。

しかし、夕食を完全にヨーグルトだけに置き換えるのはストレスが貯まってしまい、ダイエットには逆効果な場合も。夕食の量を少し減らしてヨーグルトを摂取する、という方法が体への負担も少なく、無理なく行える方法だと言えるでしょう。

夜に食べる

夜に食べる
ヨーグルトを夜に食べるだけ。食後、寝る前、とにかく夜に食べましょう。

なぜかと言うと、腸の働きは寝ている間に活発に活動します。午後10時~午前2時は腸のゴールデンアワーです。

この時間帯に腸内環境が整っていると、食事の消化吸収がスムーズに行われ、食べ物の未消化を防ぐことができます。

消化不良は老廃物を貯めこみ、体の代謝を下げることへつながりますのでヨーグルトを摂取することでそれを防いでいけばダイエットに効果的だと言えるのです。

温めて食べる

温めて食べる
ヨーグルトを温めて食べることで、カルシウムの吸収率をアップさせ、余分な脂肪を溜め込む事を防いでくれます。

また、体内の冷えは代謝を下げてしまいますので、温めてからヨーグルトを食べるのはダイエットにとても効果的です。

作り方は、ヨーグルトを耐熱皿に移し、お好みではちみつを入れて電子レンジで温めるだけ。少し水を加えてゆるめに作ると食べやすいです。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は熱に弱いので、人肌程度に温めるようにしてください。

注意点

<>bヨーグルトはダイエットに効果的な食品ですが、もちろん食べ過ぎれば太ってしまいます。また、ヨーグルトと相性抜群のハチミツやジャムは、どうしても糖分が多く含まれています。おいしくてついついかけすぎてしまいがちですが、ダイエットのためにはほどほどにしておきましょう。

どうしても甘くしてから食べたい場合は、糖分に代わりにバナナや林檎など、フルーツで甘さを補うのがおすすめです。

おわりに

いかがでしたか?

これであなたも今日からヨーグルトダイエッター!自分に適したダイエット方法を見つけて無理なくキレイにダイエットを成功させてみてください。