リバウンドなし!人気の低炭水化物ダイエットの効果的なやり方

シェアする

リバウンドなし!人気の低炭水化物ダイエットの効果的なやり方

「最近体重が気になるが、運動したりするダイエットは苦手」という方にご紹介したいのが、低炭水化物ダイエットです。

低炭水化物ダイエットは、食事制限系のダイエットで、何らかの運動を行ったりする必要がないダイエット方法です。この低炭水化物ダイエットは、いくつかのルールを定めることで効果的に行えるといわれています。

ここでは、そんな低炭水化物ダイエットについて、そもそも、どういうことを目的としたダイエット方法なのかや、効果的に行うためのルールなどをご紹介していきます。

低炭水化物ダイエットとは?

低炭水化物ダイエットとは?
低炭水化物ダイエットは、その名前のとおり、炭水化物の摂取を制限することで行うダイエット方法です。炭水化物の中に含まれる糖質の摂取を制限し、身体の活動エネルギーとして、糖分の代わりとして脂肪が使われるような体質に変化させることを目的としています。元々は肥満や糖尿病の治療を目的とした食事療法でしたが、最近では手軽に行えるダイエット方法として注目を集めています。

低炭水化物ダイエットは、次にご紹介するようなルールを定めることで、効果的に行えるといわれています。

低炭水化物ダイエットのルール

低炭水化物ダイエットのルール

朝・昼・晩の3食はきちんと食べる

炭水化物の摂取を制限するといわれると、つい食事の回数を減らすと思ってしまいがちです。しかし、実際には3食きちんと食べたほうが、ダイエットには効果的です。なぜなら、食事を抜くと、身体がカロリーを吸収しやすくなってしまうからです。

特に、時間のない朝は食事を抜いてしまいがちなので注意しましょう。低脂肪牛乳やヨーグルトなら、時間のない朝でも手早く摂取することができます。

メニューを決めて、そのとおりの食事をする

低炭水化物ダイエットの期間中は、あらかじめメニューを決め、そのとおりの食事をするように心がけましょう。その場その場でメニューを決めようとすると、おいしそうなものが目にとまってしまい、食欲に負けてしまう可能性があるからです。メニューは、できるだけ炭水化物が含まれていないものから選ぶようにしましょう。

ご飯やパンなどの主食には、多くの炭水化物が含まれています。しかし、炭水化物を完全に抜いてしまうと体調不良の原因にもなるため、「完全に食べない」という選択はやめましょう。

ご飯であれば1度に100g程度、パンなら6枚切りのものを1枚というように、食べる量を減らして対応します。

「食べていいもの」と「ダメなもの」を把握しよう

ダイエット期間中のメニューは、どうしても単調になりがちです。毎日同じものを食べていると飽きてしまい、つい誘惑に負けてしまうかもしれません。そうならないためにも、「食べていいもの」と「ダメなもの」を把握し、飽きのこないメニューを作れるようにしておきましょう。

食べてもいいものとしては、ヨーグルトや低脂肪牛乳、チーズ、鶏のささみ、納豆や豆腐、野菜、焼き魚などがあげられます。逆に、ダメなものとしては、揚げパンや麺類、お菓子、イモ類などです。

当然ですが、たとえ食べていいものだったとしても、食べすぎには注意しましょう。

間食は禁止、夜遅くの食事も控えよう

ダイエット中は、どうしても物足りなさを感じてしまうことも多いはずです。だからといって間食をしてしまうと、それまでの苦労が無駄になってしまいます。いくら物足りない場合でも、間食は絶対にやめましょう。

また、夜は身体の代謝が落ちるため、摂取したカロリーが消費されにくくなってしまいます。そのため、夜20時以降の食事は、できるだけ控えるようにしましょう。

「低炭水化物ダイエットはリバウンドしやすい」は本当?

「低炭水化物ダイエットはリバウンドしやすい」は本当?
低炭水化物ダイエットは、効果が大きい反面、リバウンドしやすいといわれています。
低炭水化物ダイエットを、体質が変化する前にやめてしまった場合は、確かにリバウンドの可能性は高くなります。これは、人間の脳の働きが原因です。

低炭水化物ダイエット中は、身体が低血糖状態になります。その状態で炭水化物を摂取すると、脳は食欲を増進させて、さらに炭水化物を摂取させようとします。これが食べ過ぎや間食につながり、リバウンドを引き起こす原因となります。

では、低炭水化物ダイエットを体質が変化するまで続けた場合はどうでしょうか。この場合は、食事をしても脂肪から燃焼されるため、リバウンドは起こりにくいと考えられます。低炭水化物ダイエットを行うなら、2週間程度の期間は続けるようにすると効果的です。

おわりに

低炭水化物ダイエットを効果的に行うためのルールをご紹介しました。低炭水化物ダイエットをリバウンドなく行うためには、体質が変化するまで、ある程度継続しなくてはいけません。今回ご紹介したルールを守り、ダイエットを最後までやり抜いて、「痩せる身体」を手に入れましょう。

シェアする

購読はいいねが便利です♡