本当は効果あるの?納豆ダイエットの方法と効果

シェアする

納豆ダイエット

過去にあるテレビ番組においてダイエットに効果があると報じられ、あっという間にスーパーから姿を消した納豆ですが、その後捏造であることが明らかになり、とたんに戦犯扱いされてしまいました。

しかし、納豆がダイエットに効果があるという情報は決して嘘ではありません。その報道がなされる前から、報道が風化された今でも納豆は優秀なダイエット食品です。

ここでは納豆ダイエットの方法と効果についてご説明します。

納豆で良質なタンパク質を吸収できる

14387016_L_diethyakka
ダイエットにおいて重要な1つのポイントは、筋肉を落とさないということです。

納豆は「畑の肉」と呼ばれる大豆を原料とするため、筋肉を作り上げるためのエネルギーとなります。動物性タンパク質の摂取はどうしても高カロリー、高脂肪になりがちですが、植物性タンパク質であれば、摂取カロリーを抑えることができます。

もし、食事制限で低カロリー摂取にだけこだわり、タンパク質を除外してしまうと、脂肪だけでなく必要な筋肉まで落ちてしまって情けない身体になってしまいます。女性の方であればムキムキの身体になる必要はないですが、一定程度の筋肉が美しく痩せるためには必須です。

また、筋肉をつけることによって基礎代謝を高めることができ、じっとしていても消費するカロリーを増やすことができます。結果として痩せやすい身体になれます。

大豆に含まれる有力な栄養成分

16270254_L_diethyakka

納豆の大豆タンパクが脂肪の燃焼を促進する

大豆タンパクの中には、アディネポネクチンという脂肪の燃焼を促進する効果のある栄養素が含まれています。

また、大豆に含まれているアルギニンには、成長ホルモンの分泌を促進する効果もあり、この成長ホルモンの分泌も脂肪の燃焼を促進します。成長ホルモンは特に寝ている間、夜22時から午前3時までに時間帯に多く分泌されるので、朝納豆を食べるより夕食時に納豆を食べたほうが、効果的に寝ている間に脂肪が燃焼されるとも言われます。

納豆の大豆サポニンが肥満を防ぐ

他にも大豆に含まれている大豆サポニンは、小腸の絨毛を縮小する作用があります。

小腸の絨毛が大きくなればなるほど、容易に脂質や糖質が吸収されるようになり、肥満が促進されることになります。逆に、大豆サポニンによって絨毛が縮小すれば、小腸から過剰に脂肪や糖質が吸収されてしまうことを防止ししてくれます。

さらに大豆イソフラボンには、血中コレステロール値を下げる効果があります。

コレステロールが高くなると、身体は脂肪を蓄えやすくなりますが、大豆イソフラボンがそれを防止してくれ、ダイエットに効果的です。

ちなみにこのイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きもしてくれるので、ホルモンバランスを整えたり、アンチエイジング作用も期待したりすることができます。

納豆ダイエットの効果的な方法

何かの食べ物がダイエットに効果的と聞くと、ついついその食べ物を食べ過ぎてしまう傾向があります。納豆にこれだけダイエット効果の高い栄養素が含まれているということを知って、1日3食、納豆ばかり食べる方がおられますが、それはオススメできません。

その理由として、大豆に含まれているイソフラボンが、女性ホルモンと似た働きを持っていることから、女性の身体のホルモンバランスを崩してしまう可能性がある、ということです。

よって、ダイエットするための適切な量は、1日1パックとなります。また、納豆には多くの食物繊維も含まれているため、たくさん食べなくても腹持ちが良いはずです。

基本的にどのタイミングで食べても良いですが、もし成長ホルモンによる脂肪燃焼効果を狙うなら、夜に食べる方法が良いでしょう。

また、すこし抵抗があるかもしれませんが、買った納豆はすぐ食べずに、しばらく冷蔵庫に置いて、消費期限ギリギリになるまで待ちましょう。なぜなら、その間にも納豆の発酵は進み、さらに納豆に含まれている栄養素が増えているからです。

納豆の食べ合わせで効果アップ

14272834_L_diethyakka
納豆を単体で食べてもダイエット効果は十分ありますが、さらにその効果を高めるために他の食材と組み合わせてみましょう。

ダイエットに最強の組み合わせと言われている食べ方が、キムチとの組み合わせです。キムチに含まれている唐辛子のカプサイシンが血行を促進し、糖の代謝を促す効果があると言われています。

また、納豆とめかぶの組み合わせもオススメです。どちらもネバネバしているため、満足感がありますし、めかぶは低カロリーでダイエットにピッタリの食品です。

納豆だけ毎日食べているとどうしても飽きてしまうため、いろいろなトッピングをして工夫しましょう。

例えば、みじん切りをした玉ねぎや大根おろしを入れる食べ方も良いですし、納豆オムレツなどのアレンジも食欲をそそります。

こうした毎日の工夫があれば、納豆ダイエットを楽しみながら続けることができるはずです。

おわりに

納豆は確かにダイエットに効果的な食品ですが、それだけではなく、様々な栄養素が含まれています。より強い身体を作り、より美しくなるためにも毎日の食卓に納豆を取り入れ続けましょう。