胃に負担をかけないお粥ダイエットで健康的に痩せる方法

シェアする

胃に負担をかけないお粥ダイエットで健康的に痩せる方法

炭水化物を制限するダイエットは短期間で体重が減り、目に見える効果がありますが、なかなか続けられないことが難点です。特にご飯や麺が好きな人にとっては、長続きせず、結局はリバウンドしてしまうという方も多いようです。

そんな方々にとって効果的なダイエットがお粥ダイエットです。以下では、お粥ダイエットで健康的に痩せる方法についてご紹介いたします。

お粥ダイエットとは?

お粥ダイエットは、白米の代わりにお粥を食事に取り入れるダイエット方法です。と言っても、お粥ばかり食べるわけではありません。中には3食の食事をすべてお粥に替えることを勧める方もいますが、それだと長期的に続けることは難しくなります。長期的な観点からすると、痩せるスピードは遅めですが、3食のうち、1食だけをお粥に替える方法も十分効果的だと言えます。

お粥ダイエットはなぜ痩せるのか?

お粥ダイエットはなぜ痩せるのか?

炭水化物摂取量の減少

お粥ダイエットが痩せる理由は、一言で言うと、炭水化物の摂取量が減るからです。炭水化物は糖分ですから、毎食炭水化物を摂取するたびに、体内の血糖値が上がり、インシュリンが分泌されます。それにより、血液中の糖分は細胞内に取り込まれ、脂肪として蓄積されることになります。摂取された炭水化物と見合うだけの運動量や基礎代謝量があれば、上手に相殺されますが、摂取された量が上回れば、どんどん蓄積される脂肪分だけ体重は増えていくことになります。そのため、いかに炭水化物の摂取をコントロールするかが、ダイエット成功の鍵になります。

最近では、食事制限ダイエットの方法として糖質制限ダイエットが流行していました。確かに炭水化物を減らせば減らすほど、体重が減ることは事実です。しかし、その分、毎回の食後の腹持ちが悪いため、常に空腹状態と戦わなければなりません。場合によっては何かのきっかけで、その空腹に耐えられなくなってしまい、「ドカ食い」をしてリバウンドしてしまう可能性もあります。

お粥でカロリーカットができる

お粥ダイエットであれば、糖質制限ダイエットのように極端に炭水化物を断つわけではありません。しかし、3食のうち1食だけをお粥にすることにより、炭水化物の摂取量を減らすことができます。

白米をお粥に替えることにより、摂取カロリーを1食あたり50〜100kcal減らすことが可能です。また、お粥はお湯に溶かして白米を食べるため、お腹も膨らみやすく、満足感があります。さらに、熱いお粥はゆっくりとしか食べられませんから、自然と満腹中枢が刺激され、お粥を食べているうちに満足感が得られます。

さらに、主食をお粥にすれば、一緒に食べるおかずも自然とカロリーが低めのものになります。お粥と一緒に脂っこいものを食べるよりも、梅干しや海苔といった低カロリーの食品を食べるが多くなりますから、おかずの食べ過ぎやカロリー過多も防ぐことができるということです。

お粥ダイエットの効果的なやり方

お粥ダイエットの効果的なやり方
問題は3食のうち、どこの主食をお粥に替えるかということです。おすすめは夕食のご飯をお粥に替えてみることです。夕食後に控えている活動は多くないため、消費される量が少ないということも理由として挙げることができますが、もう一つは人間の交感神経・副交感神経の働きとも関係があります。人間の交感神経は昼間優位に働き、摂取したエネルギーを消費してくれますが、夜は副交感神経が優位になり、栄養を吸収し、脂肪として蓄積しようとします。そのため、ダイエット中の夕食はできるだけ摂取カロリーを減らした方が良いと言えます。

お粥ダイエットを長続きさせるためには、毎回のお粥に工夫を加えることが必要です。毎日、毎食、同じ白粥ばかり食べていれば、飽きてしまいますし、なんとなくひもじい気持ちになってしまいます。食事の満足感は摂取するカロリー量だけではなく、メニューに変化をつけることによっても達成することができます。

例えば、トマトや卵を入れたイタリアン粥を試してみてはいかがでしょうか。作り方は簡単です。フライパンでオリーブ油を熱し、プチトマトを炒め、そこにハーブソルト、黒胡椒、塩で味付けをします。すでに作ってある白粥の上に炒めたトマトと温泉卵をのせましょう。色合いもきれいで、食欲をそそりますし、何よりも油で炒めたトマトが満足感を与えてくれます。他にも味噌や鶏がらスープでお粥の味付けをして、さらに牛乳やウィンナー、コーンを入れたミルク粥もおすすめです。

味付けや盛り付けは工夫次第でいろいろと変化を持たせることができます。白粥よりもカロリーは高くなるかもしれませんが、あまりストイックになりすぎると長続きしません。ダイエットは、楽しみながら長く続けることが大切です。1週間や2週間で劇的な効果はでないとしても、継続することによって少しずつ体重が減っていくことに気付くはずです。

おわりに

ダイエットで大事なことは継続することです。お粥ダイエットは胃腸にも負担をかけませんし、工夫次第では飽きずにずっと続けることができるはずです。無理せず、楽しみながら続けてみましょう。

シェアする

購読はいいねが便利です♡