運動が苦手でもできる!効果的なウォーキングでのダイエット方法

シェアする

運動が苦手でもできる!効果的なウォーキングでのダイエット方法

ダイエットするにあたって、運動することは必要不可欠です。しかし、運動が苦手な方はダイエットのためとわかっていても、ハードな運動は避けたいと思っているのではないでしょうか。

そんな方におすすめのダイエット方法がウォーキングダイエットです。ここでは、運動が苦手な方でもできるダイエット方法として、ウォーキングダイエットについてご紹介します。

ウォーキングを苦なく続ける3つの方法

ウォーキングを苦なく続ける3つの方法

ウォーキングとは歩くということです。歩くということは、わたしたちの日常生活の中で、当たり前のように毎日行っています

しかし、ダイエットの一環として考えているからこそ、面倒くさかったり、やりたくなくなったりしてしまうのではないでしょうか。ウォーキングを運動とは思わずに、生活の一部に取り入れれば苦なく続けられるはずです。

ウォーキングダイエットを苦なく続けるための3つの方法をご紹介します。

毎日の習慣にする

お風呂にはいる、ご飯を作ることと同じように、毎日の習慣にしてしまえばウォーキングを苦に感じることはないでしょう。例えば、通学・通勤で自転車を使う距離を歩く、1駅多く歩くようにするなど、これだけでもいいのです。

ペットのお散歩と一緒に

ペットのお散歩と一緒にウォーキングを行ってみてはいかがでしょうか。ペットのお散歩は、毎日の習慣の1つでもあるので、それにご自身のウォーキングも出来るのであればかわいいペットと一緒に痩せられることができたらいいですよね。

音楽を聴きながら

ウォーキングに集中してしまうと、身体的な疲労より精神的な疲労が溜まってしまうことでしょう。音楽を聴きながら行うことで、気持ちをリラックスさせた状態で、苦なく続けることができるでしょう。

ウォーキングだけでも十分効果が得られる

ウォーキングだけでも十分効果が得られる

ウォーキングがダイエットに効果的な理由は、有酸素運動の1つだからです。では、なぜ有酸素運動がダイエットに効果的なのでしょうか。

有酸素運動とは、長時間動いていても疲れにくい運動のことをいいます。酸素をしっかり体に取り入れながら、無理のない運動を行うことで、脂肪が燃焼する仕組みです。だいたい有酸素運動を始めてから10分後くらいに、脂肪は燃焼し始めますが、最も効果的な時間は20分以上行うことです

ウォーキングの他にも、エアロビクスや水泳なども有酸素運動の中に含まれています。

走っても歩いた時との消費カロリーは変わらない

走っても歩いた時との消費カロリーは変わらない

実は、同じ距離をランニングしてもウォーキングの時と比べ、消費カロリーに違いはありません

体重(kg) × 移動距離(km) = 消費カロリー

ランニングでもウォーキングでも、消費カロリーの計算方法は同じです。もちろん厳密に言えば、足の上げ方や手の振り方の違いによって、消費カロリーは変わってきます。しかし、ランニングとウォーキングのどちらも同じフォームで行えばどうなるでしょう。

消費カロリーに違いがなくなるということです。つまり、ダイエットのために無理してランニングなどの過度な運動を行う必要はないということです。

自分のペースで無理なく続けられるウォーキングが、最も簡単に気楽にできるダイエット方法と言えるでしょう。

ウォーキングの効果的な方法

ウォーキングの効果的な方法

毎日ウォーキングをするだけでも意味はありますが、よりウォーキングの効果を得られる方法があります。

ウォーキングをより効果的に行う5つの方法をご紹介します。

朝食前に行う

起床してから約30分間は、自然と脂肪が燃焼されています。また、空腹時に運動を行うと食事から得たエネルギーではなく、体の中にある脂肪がエネルギーとして変わるため、より脂肪の燃焼効果が高まります。その体の仕組みを利用して、起床後の朝食前が最も効果的な時間帯と言えます。

前後にストレッチを行う

ウォーキングだけに限らず、運動の前後には必ず10分程度のストレッチを行うよう心がけましょう。なぜならば、ストレッチを行うことで血行が促進し、新陳代謝がよくなるからです。新陳代謝が良くなることで、脂肪の燃焼率があがります。また、ウォーキング後にもストレッチを行うことで緊張した筋肉をほぐし、体の疲労をためにくくする効果があります。

20分のウォーキング

先ほど述べたように、ウォーキングダイエットとは有酸素運動のため、20分以上行うことで、十分に脂肪を燃焼することができます。20分以上、ウォーキングを続けることを心がけましょう。

正しいフォームで

ウォーキングのフォームが崩れていると、足だけに筋肉がついてしまう場合があります。正しいフォームでウォーキングを行うことで、体全身の筋肉を使いバランスよく筋肉をつけることができます。正しいフォームでのウォーキングとは、背筋を伸ばし、腕を大きく振り、かかとからつま先へと着地しながら歩くだけです。

毎日体重計に乗らない

体重40kgの人が時速4kmで30分間のウォーキングした場合の消費カロリーは約80kcalです。80kcalを食べ物に例えると、じゃがいも1つ分に値します。それだけ?と思った方が多いことでしょう。20分以上ウォーキングしたからといって「1日で1kg減量した」などの効果は得ることができません。1週間に1回、1ヶ月に1回など毎日体重を計るのではなく、日をあけて体重を計るようにしましょう。

おわりに

日々の週間の1つとして、ウォーキングを取り入れれば苦なくできるダイエット方法だということがわかったと思います。そのため、運動が苦手なからにおすすめのダイエット方法です。

しかし、ウォーキングダイエットは短期間で痩せられるダイエット方法ではありません。1ヶ月が経過しても1kgも痩せていないからといって諦めずに続けることを心がけましょう。そうすれば必ず結果を残すことができるでしょう。

シェアする

購読はいいねが便利です♡