誰にでもできるヨガダイエットの効果的な方法とは!?

シェアする

ヨガダイエット

若い女性を中心に、人気のヨガダイエットを試してみたいと思っている方も多いと思います。同時に「自分は体が硬いから無理」とか「本当に効果があるのか心配」といった声もあります。

そこで、この記事ではヨガダイエットの基本から、ダイエット効果を高める方法までご紹介したいと思います。

ヨガダイエットの基本について知ろう

ヨガダイエットの基本について

ヨガとはサンスクリット語で「繋がり」を意味する言葉で、心と体が繋がっている状態を指します。筋トレは体そのものを鍛えることに重きをおいていますが、ヨガや最近注目されているピラティスは、エクササイズによって心のケアも同時に行おうというコンセプトを含んでいる点が特徴です。そのため、ヨガは決してダイエットだけを目的に体系化されたエクササイズではなく、リラックス効果や身体の歪みの矯正など、様々な効能があります。

また、ヨガが若い女性に別の人気な理由は、エクササイズの際の負荷が少ないという点もあるようです。効果を体感しやすく、いわば「ローリスク・ハイリターン」のエクササイズと言ってよいでしょう。

ヨガのダイエット効果とは?

ヨガはゆっくりした動きで行いますが、呼吸に注意を払って行われるため、身体の中では脂肪がしっかり燃焼しています。いわゆる有酸素運動に含まれますが、その際に筋肉のうちの遅筋を鍛えることもできます。

筋肉は爆発的なエネルギーを持ちながらも、持続性のない速筋と、そこまでのエネルギーは持たないまでも、長時間の運動をする際に使われる遅筋のおおきく分けて2種類に分けられます。そして、ヨガは主に後者の遅筋が鍛えられます。速筋は糖をエネルギーとして利用しますが、遅筋は脂肪をエネルギーとするため、ヨガには脂肪燃焼効果があるといえるのです。

また、女性の多くはエクササイズによって筋肉がつきすぎて、プロポーションが乱れることを心配されます。実は、外から明らかに見えるほど筋肉がつく原因は、速筋の肥大によるものです。よって、ヨガによってどれだけ遅筋が鍛えられても、ムキムキになってしまうことは通常はありませんのでご安心を。

部位別のおすすめヨガダイエット法

部位別のおすすめヨガ

お腹の部分やせに効果的なヨガダイエット

では、具体的に痩せたい場所ごとに、効果的なヨガダイエットの方法をご紹介しましょう。

まず、多くの方が解消したいと思っている、たるんだお腹を引き締める方法です。

1.    マットの上に座り、手は体の脇に置き、背筋は伸ばします。この際、骨盤の位置をマットと垂直になるようなイメージで座ります。
2.    膝は「体育座り」のように立てて、右と左を揃えるようにします。
3.    右足から息を吐きながら、ゆっくりと持ち上げ、マットと水平になるところまで持ってきます。息を吸った後、左足も同じようにします。この際、背中をしっかりと引き寄せるようにしましょう。その結果、足と背中はちょうどVの字のようになるはずです。
4.    最後に両腕もマットと平行になるように持ち上げます。

この方法以外にもお腹のダイエットに効果的と言われている「立ちねじり」のポーズがあります。

1.    まず、肩幅に足を開き立った姿勢から、右足を大きく後ろに引くと同時に右手も上にあげます。
2.    息を吐きながら、右ひじを左ひざの外側にひっかけるようにして固定し、両手は胸の前で合掌のポーズをとります。
3.    息を吸いながら、合掌した手と体をゆっくりとねじるようにします。

この状態を数十秒キープすることによって、腹筋だけでなく、足やウエストの余分な脂肪も燃焼させることができますし、体全体の代謝も向上すると言われています。

ヒップと二の腕に効果的なヨガダイエット

1.    まずは、マットの上に両膝を立てて座ります。その際に足の幅は腰幅ほどに広げ、両足は平行に置きます。
2.    手は肩幅に開いて後ろに置きます。ポイントはこの際、指先をお尻の側に向けるということです。やや不自然な格好ですが、この姿勢によって二の腕の筋肉が緊張している感じがすると思います。
3.    今度はそのまま息を吸いながら、お尻を持ち上げます。体が床と平行になり、腕と足は床に対して垂直になり、あたかも体全体が「テーブル」のような形になるとベストです。
4.    顔はできるだけ上げてそのままの状態を維持しましょう。最後に息を吐きながらゆっくりとお尻を下ろします。

太腿と背中のシェイプアップ効果があるヨガダイエット

1.    片足を後ろに引き、両手を思い切り上げましょう。
2.    そのポーズからゆっくりと息を吐きながら、両手はそのままで、体を後ろにそらします。その際、前の足の膝は自然と曲がっていくはずです。
3.    この状態を30秒ほど維持します。次に足を変えて、反対側も同じようにしましょう。

これは「英雄のポーズ」とも呼ばれています。ちょうど民衆の前に登場した英雄が、手を振るようなポーズに似ているからです。

おわりに

ここでご紹介したポーズ以外にもヨガダイエットには様々な姿勢があります。自分が痩せたい部位に応じて、ポーズを自由に選び、組み合わせられる点が、このエクササイズの魅力と言えるかもしれません。