縄跳びでダイエット!その方法と効果について

シェアする

縄跳び

小さい頃はお友達と楽しく遊んでいた縄跳び、思春期の体育ではだるいだけだった縄跳び、大人になるとその存在すら忘れかける縄跳び。

人生ではあまり活躍の場が無いように思える縄跳びですが、実はダイエットに向いているというのをご存じですか?

この記事では、縄跳びを活用したダイエット方法とその効果についてご紹介していきたいと思います。

縄跳びダイエットって?

あの誰もが知っている、グリップにビニールの紐がくっついているカラフルな縄跳びを使って痩せちゃおう!というお気軽ダイエットです。

遊び道具を使ったダイエットだからと言って甘く見ないでください。縄跳びはあなたが思っている以上にダイエットの効果が高いのです。

縄跳びがダイエットに効果的な理由

縄跳び
では、具体的に縄跳びがなぜダイエットに効果的なのか、ということをご説明していきます。

有酸素運動

まず、縄跳びはウォーキングやジョギング、水泳などと同じ有酸素運動です。

有酸素運動は20分以上でしか効果が現れない、なんてお考えの皆さん。その知識、古いですよ。

有酸素運動は、運動を開始した瞬間から少しずつではありますが脂肪が燃焼していくことが今ではわかっています。

ですから、縄跳びを20分も30分もやるのでは無く、一日に何度か小分けして、時間が空いたときに5分程度を目安に行っても効果は十分現れるのです。これならさほどキツくもありませんし、無理なく続けやすいダイエットだと言えるでしょう。

全身運動

縄跳びは全身の筋肉をバランス良く使う全身運動です。

縄を飛び越えるためにジャンプをすれば足腰の筋肉を使い、縄を回せば腕の筋肉を使います。また、基本的には同じ場所に留まって飛ぼうとするため、身体がバランスを取ろうと背筋や腹筋といったインナーマッスルを使います。縄跳びは全身の筋肉を余すこと無く鍛えて引き締めてくれる素晴らしい運動なのです。

そして、当然のことながら縄跳びをしていると息が上がり、体内に大量の酸素が取り込まれます。心臓は、全身に血液を送ろうと頑張るので自然と心肺機能が鍛えられます。

血行が促進されると基礎代謝が上がり、普段から痩せやすい身体へと変化していくのです。さらに、むくみや冷えの改善にも繋がり、ダイエット効果以外にも女性には嬉しいことばかりなのです。

縄跳びダイエットのやり方と効果

やり方
まずは5分程度を目安に飛んでみましょう。しかし、5分間連続で飛ぶということではありません。

1分飛んで軽く休む、また1分飛んでまた軽く休む、の繰り返しで行っていきましょう。身体への負担が軽減され、楽に飛べるでしょう。

慣れてきたら様々な飛び方を取り入れていきましょう。ボクサーがトレーニングでよく行っている片足飛びも良いですし、腕をクロスさせて飛ぶクロス飛びも良いですね。出来るのであれば二重跳びにも挑戦してみましょう。後ろ飛びも交互に取り入れるとさらに身体の筋肉を均等に鍛えられます。

さらに慣れてきたら無理の無い程度に少しずつ時間を伸ばしてみてください。

様々な縄跳びの種類

たくさんの縄跳び
縄跳びは安いものからちょっとお高めのものまで様々な商品が出回っています。

100円ショップやスーパーなんかでも売られているような縄跳びは、だいたい100gくらいのものでとても軽く、手軽に手に入ります。

スポーツショップやホームセンターなどでは、少し値段は張りますがトレーニング用に使うような300gくらいの縄跳びも置いてあります。ボクサーがトレーニングによく使う重さもこのくらいだと言われています。

最初は安くて軽い縄跳びを購入して、徐々に体力がついてきたら少し重いものにチェンジしていく、というのが良いかもしれません。

また、縄跳びは進化し続けていて、普通に縄を回して飛ぶだけで飛んだ回数や消費カロリーがわかるなんてハイテクな商品もあるようです。

形から入るタイプ、目新しい物が好きなタイプの方は、ぜひネットでチェックしてみてください。

注意点

縄跳びを行う前は、軽く準備運動をしてください。屈伸や伸び、アキレス腱などをしっかり伸ばし、怪我をしないように心がけましょう。

また、縄跳びの際に履く靴は、ジョギング用のシューズや紐がしっかり結べる運動靴など、動きやすいものを選びましょう。

そして、なんと言っても無理のしすぎは禁物です。最初から休憩を入れずに飛び続けたり、張り切って高く飛び過ぎたり。休憩しながらゆっくり縄跳びをしても十分に効果は期待できますので、安心してマイペースに行ってみてください。

ちなみに、こまめに水分を補給するのもお忘れなく。

おわりに

いかがでしたか?

縄跳びはダイエットに向いている運動ですが、普段から取り入れている方は少ないはず。ですから、加減が分からずついつい無理をしすぎてしまうことも。

何事も慌てずに継続することが大切ですので、焦らずに自分のペースでしっかり着実に縄跳びダイエットを成功に導いていきましょう。