ダイエット初心者でも簡単に続けられるストレッチとは

シェアする

ダイエット初心者でも簡単に続けられるストレッチとは

ストレッチがダイエットに繋がるという事実に、驚く方もいると思います。ストレッチのイメージは、運動する前の怪我防止のために行う準備体操のようなものなので、それにダイエット効果があるということは、意外な感じがするかもしれません。

以下では、まずなぜストレッチにダイエット効果があるのかを検証し、具体的なストレッチの方法についてご説明いたしましょう。

ストレッチになぜダイエット効果があるのか?

ストレッチをすることによって、普段動かさない関節周りの筋肉を鍛えることができます。またストレッチの多くは、体幹と呼ばれる背筋、腹筋を鍛えることを目的としているため、継続的に行うことで基礎代謝が高まり、太りにくい体になります。

さらに、ストレッチによって、血行が良くなり、リンパの流れも促進されます。特に、股関節のストレッチはリンパの流れを良くする上で効果的だと言われています。そして、リンパや血液の流れがよくなると、体内の老廃物がスムーズに排出され、むくみも解消されます。

もちろん、ストレッチ自体は激しい運動ではないので、ストレッチを数回行ったからと言ってダイエットに即効性があるわけではありません。あくまでも、ストレッチを習慣として続けることによって、ダイエット効果が見込めるということを忘れないようにしましょう。

股関節ストレッチ

股関節ストレッチ

効果

股関節にはリンパが集中しているため、集中的に動かすことにより、リンパの流れが促進されます。また、股関節を刺激することによって、腸も同時に刺激され、活発化します。腸の活動が活発になれば、便秘解消につながり、結果的にはダイエット効果が得られます。

やり方

やり方ですが、まず布団の上など柔らかい場所仰向けになります。その状態で両足の膝を立て、右足を左足に載せるように足を組んだ格好にします。両手は両側に投げ出すような感じでリラックスさせます。そのまま、組んだ足をゆっくりと左側に倒していきましょう。その状態で10秒ほど同じ状態を維持しましょう。次に足を逆に組み直し、今度は右にゆっくりと倒していきます。それを5セット繰り返してみましょう。

ヒップと脇腹を伸ばすストレッチ

効果

ヒップや脇腹の筋肉が衰えると、自然と猫背になりがちで、見た目にも美しくありません。逆にこの部分をしっかり鍛えることによって、座っているときも、立っているときの姿勢も背筋がピンと伸びた綺麗な体型を維持することができます。

やり方

やり方ですが、まず布団などの上に仰向けになり、両腕を両側に広げます。右膝を胸元に軽く引き付け、左手を引き付けた右足の膝の外側にあてて、そのままゆっくりと左側に倒していきます。その際、顔は足の動きとは対称に、右側をみるようにします。その状態を10秒キープしましょう。右側の脇腹が伸びていることに気付くはずです。右足が終わったら、今度は左足も同じようにしてみましょう。

脚痩せのストレッチ

効果

脚痩せストレッチは、大敵であるむくみ解消に役立つストレッチです。

やり方

まずは仰向けになって腰から足を高く持ち上げます。その際、手は前に向かって投げ出すような形です。足を頭の上に倒してくるようにしますが、右足と左足を交互に動かすようにします。右足と左足をセットにして、合計20回行いましょう。もちろん、足は無理をしてまで下げようとする必要はありません。右足と左足を交互に動かしていると、膝から太腿の裏側の部分がしっかりと伸びている感じがするはずです。その伸びが気持ちよく感じられるようにすれば十分でしょう。

オフィスでもできる肩甲骨のストレッチ

オフィスでもできる肩甲骨のストレッチ

効果

肩甲骨のまわりには褐色脂肪細胞が集まっているため、肩甲骨部分をしっかりストレッチするとダイエット効果があると言われています。その理由は、ダイエットの際になんとか減らしたい脂肪である白色細胞を、褐色脂肪細胞はエネルギーとして燃焼してくれるからです。

やり方

肩甲骨を動かすストレッチはいくつかありますが、そのうちの一つがタオルを使ったストレッチです。やり方は非常に簡単で、タオルを両手でしっかりと左右に引き延ばすように持ち、そのまま頭の上に持って行きます。肘は伸ばしたままです。その状態からゆっくりと肘を曲げ、タオルを首の後ろまでおろしましょう。そのときにゆっくり息を吐きながらその動作を行うことがポイントです。その後、息を吸いながらタオルをもういちど頭の上まで戻します。この動作を10回くらい繰り返しましょう。

肩甲骨ストレッチはタオルを使わなくても行えます。頭上で両手を合わせた状態から息を吐きながら、手のひらを外側に向けて肘を曲げます。その際、肘はできるだけ後ろに引きます。そうすると、肩甲骨が内側に閉じていくことに気付くはずです。今度は再び頭の上に持って行き、手を合わせます。この動作を3回行いましょう。

おわりに

簡単に行えるストレッチを4つご紹介しました。夜寝る前に布団の上で、あるいは会社の休憩時間に試してみることをおすすめします。