楽しみながらダイエットしたい人は、ダーツダイエットがおすすめ

シェアする

楽しみながらダイエットしたい人は、ダーツダイエットがおすすめ

ダイエットで重要なことは、長期にわたって続けられるように工夫することです。せっかく痩せても、その方法に飽きてしまったり、あまりに負荷がかかったりする方法であれば、途中で投げ出したくなってしまい、リバウンドしてしまいます。

楽しみながらダイエットしたいという方におすすめのダイエットで、ダーツダイエットというものがあるのをご存じでしょうか。ジムに通ったり、マラソンをしたりするような劇的な効果は見込めないとしても、続けることによって確実に効果を実感できます。今回はこのダーツダイエットについてご紹介します。

ダーツダイエットとは?

ダーツダイエットとは?
ダーツとは、いうまでもなくイギリスを発祥とするゲームのことです。必要な道具はダーツとダーツボードだけですし、広いスペースが必要とされるわけでもありません。自分で購入して自宅で楽しむこともできますし、最近ではダーツバーなどといった場所も多くあります。

「ダーツでダイエット?」と思われる方もおられるかもしれませんが、ダーツを投げるときに使う二の腕だけでなく、狙ったところにダーツを命中させるために、身体の軸を安定することが必要なので体幹のインナーマッスルを鍛えることになるといわれています。

また、ダーツを実際にプレイするときに消費させるカロリーだけでなく、ダーツが趣味になれば、高得点を得るために時間を割いてトレーニングをすることにも繋がり、ダイエット効果を見込めます。

ダーツの消費カロリー

一般的に体重65キロの男性が20分間ダーツを行うと35kcalのカロリー消費を見込めると言われています。消費させるカロリーは主にダーツを行う人の体重と、時間によって左右され、体重50キロの方であれば、30分のダーツで消費カロリーは66kcal、時間が1時間になれば、131kcal、2時間で263kcal、3時間で394kcalにもなります。体重が80キロの方なら、わずか30分で105kcal、1時間で210kcal、2時間で420kcal、3時間で630kcalもの消費を見込めます。

もちろん、これらの数字はあくまでも理論上のものであり、実際は3時間ダーツを投げ続けることはなく、休憩しながら楽しむでしょうから、消費カロリーはこの数字よりも少なめになるはずです。ちなみに体重50キロの方が30分かけて5キロのマラソンをした場合は250kcal消費すると言われていますから、それに比べればかなり少なめであることは否めません。

ただし、お酒も楽しみながらダーツをしてしまうと、せっかく減ったカロリーもプラマイ0となるので注意してください。

ダーツ用の体を作れるエクササイズ

ダーツ用の体を作れるエクササイズ

投げる前の軸足エクササイズ

ダーツを単なる遊びとしてではなく、ダイエットとして捉えるなら、体の動かし方にも気を配る必要があります。まずは投げる前に軸足のエクササイズを行いましょう。ダーツの軸足は投げる際に前に出す足のことです。身体のバランスを安定させるために、片足立ちを10秒ずつ行います。片足で立ちながら、背筋をピンと伸ばし、体の軸を空に向かって引き伸ばしましょう。これによって、膝の位置感覚が鋭敏になり、脚部も安定します。

投げる前の体幹エクササイズ

次に体の体幹を意識したエクササイズです。ダーツは手だけで投げるわけではなく、上半身全体を使ってスローしますから、体の軸、芯とも言うべき体幹がズレていると、ダーツを狙ったところに命中させることもできません。体幹は建物でいう柱に相当しますから、体幹がしっかり安定していれば、体のバランス感覚や平衡感覚も安定します。エクササイズの方法は簡単で、「ドローイン」とも呼ばれる方法です。まず大きくお腹を吐き、おへその下に力を入れます。お腹を引き締め、腹筋に力が入っていることを確認しましょう。この際、呼吸は鼻から吸って鼻から吐く方法を意識します。

おすすめの体幹トレーニング

ダーツを通して体幹を鍛える大切さが分かれば、大きな収穫です。ダーツを実際にプレイしている以外の時間でも体幹は鍛えることができます。

体幹トレーニングはさまざまな方法があります。ここではそのうちの一つ「フライングドッグ」をご紹介しましょう。

まず、マットを容易して、両手、両膝をついて、顔を上げ、視線は前方に向けます。この状態から、対角線上になる手足、例えば右手と左脚をゆっくりと伸ばしていきましょう。伸ばした状態では、手の指先から、つま先までが真っ直ぐ伸びるようにします。その状態を2〜3秒間保ちましょう。その後、逆側(左手と右脚)も同じようにして、それを交互に全部で10回行いましょう。これを1セットとして、できれば1日2セットを目指すと体幹が鍛えられ、体の芯がブレないようになります。ダーツのスローイングの姿勢が安定するだけではなく、基礎代謝が上がり、痩せやすい体を作りあげることができます。

ダーツを投げる際には腕を使うため、女性にとって特に気になる二の腕が痩せることも事実ですが、通常はどちらかの利き手でスローするため、両手をバランス良く鍛えることは難しいと言えます。

▼フライングドッグ

おわりに

本格的にダイエットに取り組みたいという方にはダーツダイエットだけでなく、他の有酸素運動を組み合わせたり、ストレッチや無酸素運動をしたりすることによって、体幹を鍛えることが必要になります。ダーツを中心に据え、楽しみながらダイエットしましょう。

シェアする

購読はいいねが便利です♡