産後ダイエットに効く骨盤ベルトの選び方と骨盤ケアの方法

シェアする

産後ダイエットに効く骨盤ベルトの選び方と骨盤ケアの方法

女性にとって出産は体にとっても一大イベントです。そのため、子供を産むために女性の体は大きな変化を遂げます。赤ちゃんを守るために脂肪を増やしたり、妊娠中には骨盤も大きく広がったりします。

ただ、出産を終えた多くの女性たちにとって悩ましいことは、体型がもとに戻らないことです。また、体型が戻らないだけでなく、体の機能にも影響を及ぼす可能性があります。ですから、産後ダイエットは単にプロポーションだけの問題だけでなく、健康のために取り組まなければならない、すべての女性にとっての課題といえるでしょう。

その際、鍵となる点が骨盤をどうケアするかということです。ここでは骨盤ケアのマストアイテムともいうべき骨盤ベルトの選び方も含めてご説明しましょう。

骨盤が女性の体に与える影響

骨盤が女性の体に与える影響

妊娠中、大きく広がった骨盤は出産後すこしずつもとの位置に戻ろうとしますが、もともとの体の歪みや、出産後の姿勢や生活習慣が原因で正常に戻らないことがあります。

しかし、骨盤が正常にあるべき位置に戻らなければ、様々な弊害が生まれかねません。
例えば、骨盤は胃や腸を支える役割をしているため、消化機能や代謝にも影響を及ぼし、便秘やむくみの原因になりかねません。

また、骨盤周辺の血行が悪くなり、太りやすい体になってしまいます。産後に下腹部がぽっこり出てしまう悩みをかかえる女性が多いのもこのためです。さらには血流の悪化が肩こりや冷え性、婦人科系の病気などのトラブルを引き起こすことも指摘されています。

こうしたことを考えると、産後の女性の骨盤ケアがいかに重要かお分かりいただけると思います。

骨盤ケアの方法

骨盤ケアの方法

骨盤ベルトの選び方

骨盤ケアを意識して、リフォーム下着を着用して矯正しようとする方がおられます。例えば、サポートショーツやウエストニッパー、ガードルなどです。

矯正しようとすること自体は正しいですが、こうしたおへその上までを含めてお腹全体を締め付けるものだと、内臓や膀胱はますます下に押し下げられてしまう可能性があります。また、締め付けていると、矯正されているという感覚は味わえるかもしれませんが、実際は血行をさらに悪化させています。上記で述べたように血行の悪化は様々な弊害を引き起こしますから、これでは本末転倒です。

そこでおすすめのアイテムは骨盤ベルトです。骨盤ベルトが上にあげたリフォーム下着と異なる点は、お腹全体を締め付けないで、骨盤を正しい位置に支えるように設計されているということです。それによって骨盤付近の筋肉も正しい位置におさまるようになります。そして、骨盤ベルトはきつく感じるほどまで締め付ける必要はありません。適度な力で支えられている感じで十分です。

骨盤ベルトの位置に気をつける

何よりも重要なポイントは骨盤ベルトを正しい位置に装着することです。もし、間違った位置につけているとますます骨盤を広げてしまうことになりかねません。

まず産後の骨盤ベルトは大転子と恥骨結合部の間につけるのが正しいポジションです。大転子とは、太腿の付け根にある丸い骨のことです。恥骨から手を体の横にスライドしていくとあたるためすぐにわかるはずです。

骨盤スクワットを行う

骨盤ベルトを付けるだけでも骨盤矯正の一定の効果はありますが、さらに骨盤スクワットを行うとインナーマッスルが鍛えられ、骨盤ベルトによって正しい位置に保たれた筋肉が固定されるようになります。

この骨盤スクワットは産後1ヶ月から始めるようにすると良いでしょう。毎日多くの時間は必要ありません。毎日3分あれば十分です。

1.まず、脚を肩幅に開き、つま先はできるだけ外側に開きます。
2.背筋を伸ばしたままゆっくりと腰を落としていきましょう。45秒くらいの時間をかけると良いと思います。
3.太腿と床が平行になるあたりまで落としたら、今度は15秒かけてもとの位置に戻します。
4.今度はつま先をできるだけ内側に向けます。同じように45秒かけて腰を落とし、15秒かけてもとに戻します。
5.最後につま先はそのままで上体をできるだけ前に倒しましょう。体幹が緊張していることが分かるはずです。15秒キープしたらゆっくりと戻して終了です。

最初は効果があまり実感できないかもしれませんが、1ヶ月ほど頑張って続けてみましょう。体の変化を感じることができるはずです。

骨盤ケアの注意点

せっかく骨盤ベルトをつけて、骨盤スクワットをしても、骨盤ケアを台無しにしてしまう姿勢がありますから、注意しましょう。それは寝るときに横向きに寝たり、座るときに脚を組んだりすることです。せっかく矯正されはじめた骨盤がまたもとの形にゆがんでしまいます。産後は骨盤の形をいつも正常に保つことを意識しながら、一挙手一投足に注意を払いましょう。

おわりに

産後半年の間は骨盤のケアをしやすい期間と言われています。逆にこの期間を過ぎてしまうと、体型を戻すことがなかなか難しいだけでなく、骨盤のゆがみゆえの弊害が常態化してしまうことにもなりかねないということです。上記の方法を参考にして、正しい骨盤ケアをして、健康で美しい体を維持しましょう。