冬太りを予防するダイエット効果の高いコツとは?

シェアする

冬太りを予防するダイエット効果の高いコツとは?

ダイエッターにとって「太りやすい」「痩せづらい」はなんとも辛く厳しいNGワード。

このNGワードのあとに付くワード、すなわちダイエットを妨害してしまう原因は様々ですが、今回は「季節」というワードでお話していこうと思います。

ダイエットに向いている季節もあれば、残念ながら向いていない季節もあるのは誰もがご存じですよね。

今回取り上げようと思うのは「冬」です。「冬は太りやすい」「冬太り」なんて言葉、聞きたくもないですよね。

しかし、冬に太ってしまうのはその原因を理解していないからです。加えて、対策法を知らないからです。正確な知識を蓄えれば、あなたの身体に脂肪が蓄えられることはないのです。

ここでは、この冬の風物詩とも言える冬太りの災難から逃れるための防衛術をご紹介いたします。

冬は太りやすい?

冬は太りやすい?
「冬は太りやすい」なんて言葉は皆さん聞き飽きていますよね。

やはり人間の体は、寒くなると体温を維持するために脂肪を蓄えようとします。そのため、本能的に普段よりも多くの食物を欲してしまい、結局はその多くの食物を摂取してしまい、太ってしまうのです。

そう、人間は動物なのです。「冬に太る」というのは実に動物らしくて自然なことだと言えるでしょう。

しかし、人間は本来から備わっている体温調節機能を活かし、無理なくダイエットをしていこうとします。

人間は暑くても寒くても常に体温を一定に保とうとしているのですが、その体温調節の際に消費するエネルギーは、夏のように温かい時期よりも冬のように寒い時期の方が高く、脂肪の燃焼が促進されやすいことを突き止めています。

その自然の摂理をうまく利用する方法を知っている人間は、とても賢い動物なのです。

そう、もしあなたが人間であれば「むしろ冬は痩せやすい」のです。

冬太りしやすい原因

冬太りしやすい原因
「冬は痩せやすい」とは言いつつも、何も意識せずに動物のように過ごしていれば当然太ってしまうでしょう。

ここでは、人間が動物のようになりがちな冬太りの原因についてご説明いたします。

生活

日本の冬は寒い。寒いというだけで、布団から出たくない。動きたくない。いつまでも寝ていられる。起きたとしてもぬくぬくゴロゴロしていたい。みかんも食べたい。

冬は「寝る」と「食べる」以外に「動く」という作業を度外視してしまいがち。冬の醍醐味だとは思いますが、この欲求のみの無限ループを繰り返すことが冬太りを加速させる大きな原因の一つと言えるでしょう。

食事

冬は食べ物が美味しい。ただでさえ脂肪を蓄えようと、体が食物を欲している季節ですので、何を食べても普段よりもおいしく感じる季節。

とくに美味しくて、しかも手軽で、さらには食べ過ぎるのが「鍋」です。鍋の恐ろしく卑劣なトラップは、1人前という量が基本的に決まっていないこと。

器に取った量、取った回数分、食べられてしまうのです。しかも、具材をお腹いっぱいに食べた後に必ず登場する魅惑の雑炊、または〆のラーメン。

これはダイエットを妨害するための食事ではないか、と思えてくるくらいです。

また、冬は忘年会や新年会など飲み会の多い季節でもあります。脂っこい食べ物やデザートをついつい食べてしまいますよね。パーティーごはんの誘惑に負けることも冬に太る大きな原因になっていると言えるでしょう。

冷え

冬はどうしても体が冷えてしまいます。

体が外気によって冷やされ体温が下がったまま放おっておくと、体内まで冷えてしまい、臓器も冷え冷えに。

臓器が冷えてしまうと、体内機能が低下してしまうので代謝が落ち、食事の消化や脂肪の燃焼が滞りがちに。結果的に痩せにくい体内環境に陥り、余分な脂肪が体に蓄積し、太ってしまう、ということにつながってしまうのです。

冬太りを予防するコツ

では、冬太りにつながってしまう可能性たちを理解したところで、逆に冬太りの予防につながるポイントたちをしっかりと理解していきましょう。

冬太りの予防というのは寒くなって普段から意識するものです。ダイエットという面では太ってからでも遅くはありませんが、予防という面では若干遅いですよ。すぐに実践しましょう。

運動

運動
寒くて外に出たくない冬に運動をするのは億劫になるのは当たり前。無理にウォーキングやランニングをしようとしても続くはずがありません。

そこで、冬太りを予防するために意識してもらいたいのが、普段の生活の中でエスカレーターやエレベーターを使わずに階段を登る、ということです。また、通勤中の電車やバスの中では極力座らずに立ちましょう。

お金がかかるわけでも、特別な運動をするわけでもないので、すぐに実践できるはずです。ちょっぴりリッチな生活をしている方は、タクシーのワンメーターも控えましょう。庶民なら余裕で歩いて移動する距離ですよ。

また、室内でもこまめに体を動かすことを意識してください。

デスクワーク中はどうしても同じ姿勢で筋肉が固まってしまいます。1時間に1回、トイレに行くとき、など自分で時間やタイミングを決めて積極的にストレッチをしましょう。

お家でリラックスしているときは、ヨガやピラティスでも良いかもしれませんね。

食事

生活の中で一番の楽しみ、食事。このときに意識してもらいたいのは、品数を多く食べる、ということです。量ではなく種類です。

バランスの良い食事は体内機能を高め、太りにくく痩せやすい体を作ります。

また、根菜類とくに生姜やにんにく、唐辛子は体を温める作用がありますので積極的に取り入れましょう。

食べすぎると冬太りにつながってしまう可能性が高い鍋料理も、油を使わずに野菜をたくさん摂取できる万能飯ですので、ヘルシーに仕上げて積極的に食べましょう。

入浴

入浴
寒い季節でも関係なく1年中湯船には浸からずにシャワーで済ませている方はいませんか?

その行為、今すぐ改善しましょう。入浴は体を芯から温めてくれるので、リンパや血液の循環が促進され、冷えやすい体質を改善してくれます。

湯船に浸かるという行為は、基礎代謝を上げることに直結し、太りにくく痩せやすい体をつくるためにはとても大切なことなのです。

リンパや血流をさらに促進させるために、湯船の中でマッサージをすればまさに最強です。

おわりに

いかがでしたか?

冬太りはちょっとしたことを意識するだけで予防ができるのです。あなたも冬眠してしまう動物のようにふっくらしてしまわないように、できることから取り入れてみてください。