絆創膏を貼るだけで簡単に痩せる!?絆創膏ダイエットのやり方と効果

シェアする

絆創膏

「運動しないで痩せたい。」「努力しないで痩せたい。」

それ、叶いますよ。

「えっ?じゃあ、お金がかかるんでしょ?」

いいえ、かかりません。

変な薬を飲むわけでも、怪しい病院に行くわけでもない。誰のお家にでもある、あのアイテムを使うだけで痩せちゃうんです!

どんなアイテムかって?その名も「絆創膏」!あると思っていると肝心なときに無い、買ってくると実はある、地味な色のあいつです。

ここでは、楽して痩せちゃおう!なんてキャンディよりも甘い考えのお気楽女子たちにむけて、絆創膏ダイエットについてご説明いたします。

絆創膏ダイエットって何?

はてな
絆創膏ダイエットとは、東洋医学の考え方から考案されたダイエット方法です。

東洋医学では、人間が本来持っている自然治癒能力や新陳代謝で身体の健康を十分に維持していける、という考え方です。

生命維持は「気・血・水」の3要素で構成され、このバランスが整っていれば健康でいられる、とされています。

この中でも「気」というのは、生命エネルギーを表し、呼吸や体温の調節、生きることに関わることはすべて「気」が流れることによって行われています。

ですから、「気」の流れをスムーズにしてあげれば、体内の循環も良くなり、むくみや肥満といった症状が改善される、ということになるのです。

今の自分の体系や体調は本当の自分かどうか気になってきませんか?苦しい努力なんかせずに楽して本来の姿を取り戻しましょう。

絆創膏ダイエットのやり方

勘のいい方は、「身体のどこかに絆創膏を貼るんだろうなぁ。」とお考えでしょう。

はい、正解です。

そして、絆創膏を貼る位置で期待できる効果が変わってくるのです。

ぽっちゃりおなか編

ぽっちゃりおなか編
おへそから指4本分ほど下に中極(ちゅうきょく)というツボがあります。そのツボを起点として、真下に向かって絆創膏を縦にして貼ります。たったこれだけです。

効果を見つつ、2~3日に1回程度を目安に貼り替えてください。

ふっくら下半身編

ふっくら下半身編
下半身を引き締めるのは少し難易度が高いかもしれません。脚の内側のツボ2箇所、計4枚の絆創膏を貼る必要があるのです。

くるぶしから指4本ほど上に三陰交(さんいんこう)と呼ばれるツボがあります。このツボを起点として、真上に向かって絆創膏を縦にして貼ります。

次に、ひざの内側で脚を伸ばしたときに少しくぼむ部分があります。その部分のほんの少し上に血海(けっかい)というツボがあります。ここを起点に真上に向かって絆創膏を縦にして貼ります。

おなかと同じで、効果を見ながら2~3日に1回程度を目安に張り替えてください。

みんな、できるかな?できるでしょ。迷わず、今すぐトライ!

絆創膏ダイエットの注意点

絆創膏ダイエットは、やり方を間違えると健康を損なったり、現状よりひどい状態になったりすることはほぼありません。頭に入れておいて欲しい注意点は以下の2つです。

絆創膏を貼るときに意識してもらいたいのが、ツボを起点にして、少し引っ張るような感覚で貼ることです。傷に絆創膏を貼るときのようにふわっと、ぺたっと、優しく貼るだけでは効果が薄れてしまう可能性があります。

また、ダイエット効果があるとされているツボは、どれも皮膚の柔らかい部分に存在しています。絆創膏を2~3日に1回程度を目安に貼り替えるというのは、逆に言えば2~3日は貼り続けているということ。

敏感肌、乾燥肌など繊細なお肌の方は、長時間にわたる粘着剤の接触で大切なお肌かぶれてしまうこともあるかもしれませんので注意してください。お肌に違和感を感じたら、大変残念ではありますがすぐに中止しましょう。

おわりに

いかがでしたか?

最後に一言。これが一番重要かもしれませんが、絆創膏ダイエットは信仰心が大切です。

「気なんて本当にあるの?」「絆創膏貼るだけで痩せたら警察いらないわ!」、なんて思っていると期待通りの効果が得られないことも。

ダイエットに効果的なツボなんだから痩せるに決まっている、「気」の流れを良くしているのだから身体に良いに決まっている、と前向きな考え方でチャレンジしていきましょう。信じる者は、スタイルまでもが救われるのです。