成長期の子供でも無理なくできるダイエットとは?

シェアする

子供

「少しぽっちゃりしているほうが可愛らしいわよ。」

「ふっくらしているくらいのほうが健康的で良いじゃない。」

それ、思春期の乙女心を傷つけているかもしれませんよ?

今や、小学生でもモデルやタレント活動をする時代。ほっそりした華奢なスタイルを身近に感じてしまうのは仕方のない事です。テレビや雑誌で目にする女性たちの美しさに磨きがかかればかかるほど、控えめなぽっちゃり女子は心を閉ざすのです。

しかし、忘れてはいけないのは、まだまだ成長期まっただ中の大事な時期。美しいスタイルを求めるあまり、身体を壊してしまっては大変です。

健康的に子供らしく実践できる効果的なダイエットとは?成長期にダイエットをするリスクも含めてしっかりご説明いたしますので、お悩み中のご本人も、お子様の悩みを心配しているご両親もぜひお読みください。

成長期に取り入れたい無理のないダイエット方法

可愛らしいガールから素敵なレディに変身する、とても大切な時期、それが成長期。

健康的に無理なく取り入れることのできる効果的なダイエットがこちらの4つです。

今すぐ実践できるものばかりのはずです。さぁ、今日からあなたも健康ダイエッター。

座りながら運動

椅子
部活も習い事もしていないし、運動とは無縁。そんなあなたでも大丈夫です。

一日の中で椅子に座っている時間はどのくらいありますか?学校や塾、お家のリビング、勉強机、いたるところで椅子に座っていることでしょう。

この椅子に座っている時間を活かしてダイエットをしてみましょう。

まず、椅子に座り背もたれから背中を離します。足をこぶし1つ分ほど離して開きます。ひざと太ももをぴったりくっつけてその状態で10秒キープ。そのままゆっくり元の状態に戻す。

授業がつまらない時、順番待ちの時、テレビを見ている時、友達とお茶している時。いつでもどこでも実践できます。意識して取り入れてみましょう。若さの象徴、ムチムチの太ももがほっそりしてきますよ。

入浴

風呂
毎日必ずはいるお風呂。これも絶好のダイエットチャンスなのです。

1.ぬるめのシャワーで足先からかけていき、徐々に体温を上げていく

2.40度前後の湯船に30分前後、下半身だけ浸かる

3.身体や髪を洗う

4.再度15分前後入浴する

毎日が難しければ、お休みの日や、予定の無い日に行ってみてください。ポイントはゆっくり楽しむことです。好きな音楽や雑誌を読みながらなど、リラックスしながら入浴することが身体にも心にもとても重要なのです。

睡眠

ベッドと時計
あなたはご存じですか?寝ない人は太る、ということを。逆に言えば睡眠を味方につければ痩せる、ということです。

人間は、寝ている間に成長ホルモンという物質が分泌されています。実は、この成長ホルモンには、脂肪燃焼効果があるんです。

成長ホルモンが、一番活発に分泌されると言われている時間帯は午後22~午前3時。このスペシャルタイムはできる限り寝てください。お肌にも良いですし。

もしも、あなたが質の良い睡眠を摂ることができるようになれば、ただ寝ているだけで300kcalを消費できることになります。これはウォーキング2時間分に相当します。寝ているのに歩いているんです。不思議ですが事実なのです。

野菜を摂る

野菜
野菜は言わずと知れたダイエット食材。ビタミン・ミネラルが豊富で美容にも効果的。

野菜は食前に食べることにより満腹感を得られます。その結果、食事の量も自然と減り、ダイエット効果が期待できるのです。

また、野菜にはストレスを軽減する効果があります。ストレスは体調不良や暴飲暴食につながる可能性があり、ダイエットの天敵です。少し疲れたな、小腹が空いたな、そんな時は野菜ジュースを飲んでみてください。

普段の食事を大幅に変えたり、カロリー制限をしたりするのではなく、まずは積極的に野菜を摂取することを心がけましょう。

成長期にダイエットをするリスク

ダイエットは適度に行うのが原則です。

過度なダイエットは、大切な成長期の身体に悪影響を及ぼし兼ねません。無茶なダイエットをしてしまうと起こりうるリスクを、ここで押さえておきましょう。

筋肉や骨の発達障害

過度な食事制限やカロリー制限は、成長期に必要な栄養が大幅に不足してしまいます。

中でも、筋肉や骨を育てるカルシウムが不足すると、これから作り上げられていくはずだった身体の基礎的な成長を妨げてしまい、発達障害に陥ってしまう可能性もあるのです。

女性ホルモンの乱れ

栄養が不足し、脂肪が無くなってしまうと、女性ホルモンの分泌が減少し、生理不順や、無月経症の危険が伴います。

成長期に卵巣の機能が低下してしまったり、成長が止まってしまったりすると、将来的に不妊症になってしまうリスクが高くなります。

肌荒れ

痩せたいがために、十分な栄養を摂取しないままでいると、お肌を作るために必要なタンパク質や油やビタミンが不足して、肌荒れを起こしてしまいます。ニキビや乾燥などで、せっかくの青春時代が台無しに。

また、栄養不足は女性らしさを左右する、女性ホルモンの分泌を滞らせてしまい、女性らしい丸みを帯びたしなやかなボディラインや、みずみずしい唇、麗しい髪の毛、美しい爪などの成長も妨げてしまいます。
いくら痩せていても、体重なんて単なる数字です。何物にも替えがたい、輝かしくて弾けんばかり若々しさや美しさを失ってしまっては、魅力的な女性とはいえません。

おわりに

いかがでしたか?

ダイエットしたい、痩せたい、と思うのは悪いことではありません。

しかし、人間として、女性としての身体のベースが作られていく成長期。これは、二度とやってこないのです。

お母さんとお父さんからもらった大切な身体ということを忘れずに、無理のないダイエットで美しく健康的な身体を目指しましょう。